安心して海外FXをするコツ

海外の業者の特徴を確かめよう

FXといえば国内だけでなく海外の業者も選べ、レバレッジが高く少ない資金でも始めることができます。レバレッジは大きくなればテコの原理で証拠金を増やせ、売却と購入のときに発生した差額で稼ぎやすくなる仕組みです。差額は為替相場の変動が大きくなれば増えやすく、投資をするタイミングにすると一攫千金を狙うチャンスもあります。また、海外の業者は新規口座開設や入金でボーナスをもらえ、資金を準備しなくても元手にトレードができて便利です。しかし、スプレッドが広く取引コストが高く、信託保全ではなく資金管理に関して不安要素もあります。また、金融ライセンスがないと無許可で営業している可能性もあり、約定や出金を拒否されることもありせっかく利益を出しても意味がなくなるため注意が必要です。

業者を選ぶときは慎重に決めよう

海外の業者は金融ライセンスがなければ出金拒否などのトラブルがあり、新規口座開設や入金でもらえるボーナスに釣られて利用しないようにする必要があります。詐欺の被害にあわないようにするためには事前に金融ライセンスがあることや信託保全で資金管理をきちんと行っているか確かめ、利用者の口コミや評判などを参考に決めることが望ましいです。海外の業者は国内のように金融庁の許可を受けていないことや、マイナーな国や地域に本社があり経営状況が変化しやすくいきなり倒産するリスクもあります。このため、海外の業者を選ぶときはサービス内容が日本語対応であるか確かめ、問い合わせができてトラブルが起きないように決めることが大事です。

サラリーマンの副業としても人気

FXはサラリーマンなど定期的に収入があれば資産運用をする経験を積め、国内だけでなく海外の業者を選ぶとハイレバレッジの勝負ができます。レバレッジは日本国内では25倍までに制限されていますが、海外の業者は1000倍と高く当たれば一攫千金を狙いやすいです。海外FXはレバレッジが高く追証なしのゼロカットシステムを採用するため、入金額以上の損失を防げるなど安心してトレードができます。このため、少ない資金で利益を出して積み重ねるようにすると資産を増やせ、今後の生活に困らないよう金銭的に余裕を持てて効果的です。サラリーマンは安定して収入があるものの終身雇用制度が崩壊し勤務先に依存できないことが予想され、余裕がある資金を使って海外FXをすると経験を通してトレードのコツをつかめます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする